インテリア

キッチンの収納方法について

オーガナイズされたキッチンの写真と解説が書かれている書籍を購入しました。
我が家のキッチンの収納スペースは広くないので、事実上食材が溢れてしまっている状態で、かつ扉の中も細かい仕切りをしていない部分が多く、自立できない袋に入っている乾物や削り節などは何か取り出す度に、立て直すといったことをしょっちゅう繰り返している状態です。
これはなんとかしなくては、と書店へ足を運び、収納関連の書籍コーナーで見つけたのがキッチンの収納本の中の1冊です。
購入する前に中をパラパラと見たのですが、写真がとても見やすく、各家庭で実践されている収納方法が詳しく紹介されていたので、購入することにしました。
気になる扉の中の収納については、ファイルボックスやプラスチックケースなどを使用して、立てる収納方法を取り入れている例が多かったので、私も100円ショップや無印良品などの商品を購入して、参考にしながら使いやすいように収納方法を工夫してみようと思いました。
この方法ならば、見た目もキレイで、ワンアクションで取り出せるなど実用性も高いので、とても良い方法だと感じました。
また、薄力粉・パン粉・乾物などはさまざまな大きさの袋や容器に入っていますが、それらを中が見えるタイプのプラスチックやガラス製の容器に詰め替えると、収納スペースを有効に活用でき、乾燥からも守ることができるなど、保存上良いという声が多かったので、これも同じようにしたいなと検討しています。
ただ、詰め替え容器はいろいろなタイプが紹介されていたので、自宅のキッチンスペースと使い勝手などを考え、値段も考慮しながら、慎重に選びたいと考えています。